栄養に気を遣って症状改善を目指す|美味い痛風の食事療法

笑顔

更年期は体を休める

笑顔

女性には体の変化が大きく見られるとして、更年期障害がそれに当たります。本人は辛い症状を抱えながら生活をするようになることから、無理をせず体を休めることが大切であり医療機関を受診し薬を処方してもらいます。

健康への第一歩

お年寄り

体を老化させる原因となる活性酸素を消去してくれるのが水素です。活性酸素は紫外線やストレスなどから発生するためその原因を取り除くことは容易ではありません。水素水やサプリを摂取することにより、健康な体への第一歩を始めることができます。

特徴や工夫することとは

ご年配

足の親指の付け根に突然激痛が走った経験がある人はいるでしょうか。普段から尿酸値が高いと指摘されて、関節の1か所が腫れて痛むのであれば、それは痛風発作の可能性があります。そして痛風発作には特徴があります。まず歩けなくなるほどの激痛が走ります。人によって表現は様々ですが、万力で締め付けられるような痛さという人もいます。痛みの発作は夜中から明け方にかけて起きることが多く、痛みを感じて2〜3時間すると赤く腫れてきて、熱を帯びるようになります。発作後24時間が痛みのピークとなります。その後徐々に回復していき、3〜7日程度経過すると、痛みは嘘のように治まり普通に歩けるようになります。しかし痛みが治まったからといってそのまま放置すると、痛風の再発作の可能性があるためしっかり治療を受ける必要があります。

痛風発作は血液中の尿酸値が高くなることで、発症リスクが高まるとされています。そのため痛風発作を予防するためには、血液中の尿酸値を下げる必要があります。尿酸値を下げる薬はありますが、その前に大切なことは生活習慣を改善させる工夫が必要です。工夫出来るものには食事が挙げられます。まずは食事の量を減らしましょう。具体的には腹八分目を心がける必要がありますが、それでは足りないという人もいるかもしれません。その場合、工夫出来ることとしてはよく噛んで食事を摂ることです。しっかり噛むことは、少ない食事量で脳に満腹感を感じさせることが出来る効果があると言われています。また食事の内容にも工夫が必要です。肉や魚の多い食費を控えて、野菜や海藻などを多く摂るようにしましょう。

効率良く分泌させるために

うつ

セロトニンは不足すると精神病になってしまうことがありますが、薬を処方されて増やしすぎることで逆に体に良くない影響が出てくることがあるため気をつけなければなりません。そのためにも生活習慣を改善することが大事です。